リフォーム 外壁

必要性を理解する

リフォーム,外壁

住宅の外装は酸性雨や台風、激しい寒暖の変化や地震による振動などといった過酷な気象条件を絶えず受け続けているため、年月の経過とともに塗装が劣化したり粉化します。

 

日本の住宅は一般に築後25年から30年が建て替えのサイクルとなっていて、その中間時期となる築後15年を目安として外装の診断を受けたりリフォームをすることが理想的です。

 

しかしながら、過酷な気象条件を受け続けている住宅の外壁は劣化する要因をまともに受けますし、強烈な紫外線や排気ガスなどの大気汚染物質による汚れも常に付着していきます。

 

さらに、吹き付け仕上げされた外壁自体にもクラックが発生し、雨水などの染み込みによって鉄の部分は錆びていきますし、木の部分は次第に腐食していきます。

 

そのまま放置していると木や鉄の老朽化も進んでいきますので、手遅れにならないように手を打つためには築後5年というサイクルで専門家の方に外装診断を依頼する必要があります。「旧家」と呼ばれる昔の住宅は通気性に優れ、湿度も適度に保たれていたため、期せずとも木の腐食やシロアリの繁殖を抑制する機能が備わっていました。

 

ただ、火を防ぐための外壁の機能は十分でなかったため、最近はより防火性を重視した吹き付けが普及し、耐水性や耐候性も備えたサイディングが普及してきています。

 

吹き付けなどによる外壁のリフォームは、通気性の悪さやクラックによる雨水の染み込みなどによる寿命の短縮につながるため、気をつけなければなりません。


外壁リフォームのポイントとは。エントリー